マッシュスタイルラボの新メンズブランド「アウール」大人の男性に向けたオン・オフで使える日常着

マッシュスタイルラボから新メンズブランド「アウール(AOURE)」がデビュー。阪急メンズ東京では2022年3月23日(水)より限定ストアをオープンする。 「アウール」は、Affordable Chic-上質を着こなす日常-をメインコンセプトとするメンズブランド。美しいシルエット、優れた機能性とパターンメイキングによる快適性を追求した、大人の男性に向けるミニマルなアイテムを提案する。マッシュスタイルラボの濱田博人が発起人となり、クリエイティブディレクター戸賀敬城とデザイン監修の橋本淳を迎えてスタートした。 デビューコレクションでは、オンオフで使えるセットアップやパンツ、日常に馴染むニュージャージーシリーズを用意。セットアップは、着る人を際立てる理想のシルエットを叶え、アクティブに動ける素材とパターンにこだわった。 素材、デザイン、機能、パターンへのこだわりを凝縮したパンツもまた、オンオフ問わず使えるアイテム。2WAYのストレッチパンツやツイルテーパードパンツ、リラックスイージーパンツなど、プライベートシーンにも、ビジネストリップの際にも快適に履けるラインナップが揃う。 【関連記事】:2性におすすめのフォーマルなレディースハンドバッグ

プラダ(PRADA)から、海モチーフのタトゥープリントを配した新作ウィメンズウェアが登場。 海から着想したモチーフをタトゥープリントで表現したウェアは、2022年春夏メンズコレクションのランウェイで発表されたもの。マーメイド、海の生き物、アンカーなど、マリンモチーフのグラフィックを配したウェアが、ウィメンズコレクションにも登場する。 展開アイテムは、プリントTシャツをはじめ、ストライプ柄のシャツ、ロング丈のシャツドレス、フレアスカートなど。柔らやかな手触りのリネンやコットンなど、春夏シーズンにぴったりの涼やかな素材で展開する。 【関連記事】:シュプリーム ヴィトン キャップ 偽物,シュプリーム リモワ スーパーコピー

ニューヨークファッションウィーク

2018年春夏ファッションウィークはニューヨーク現地時間の9月6日にアメリカニューヨークで率先してオープンし、トム・Fordはニューヨークファッションウィークの幕を開けました。各ファッションセンスは目の保養になると同時に、ファッションジュエリーやショーシーンの中のアクセサリーも目を楽しませます。このように斬新なファッションジュエリーとアクセサリーの魅力は何ですか?「老牌」のジュエリーはそのために冷遇されますか?Miss J+はあなたと一緒にその中の門道を探求します!

ファッションウィークはこれからのファッションの流れを探ることができます。ジュエリーやアクセサリーにとっても同じです。2017年秋冬ファッションウィークのショーフィールド図から、大面積のジュエリーとアクセサリーは各ファッションブランドが期せずして選んだデザイン理念であることが分かります。

モンクレール・靴 中古|ブランド通販

高街でファッションと結婚を繰り返している今日、ショーの中のジュエリーやアクセサリーもその影響を受けて、大ラウンドピアス――このような大げさな前衛的なデザインがますます多く使われています。古典的なブランドのファッションハウスの中で、「The EDITはとても満足しています。」雑誌はさらにこう紹介しています。「です」復古、OLの多種の風格であろうと、すべてその場所があります。

Fendi RAINBOWのシングルイヤリングは独特の三角形の形をしています。金色の金属で作られています。紫色と赤色の二色特大宝石のリベットを飾り、細長いフックをしています。

MIU MIU宝克力板材水晶シルバーバックルイヤリング、価格:245ポンド(Net-A-Partから)

幾何学的にも発色した元素は今年のショー場でも大いに異彩を放った。一つ一つのつなぎ合わせの色の塊は元の明度を変えて、“衝突”はいっしょにいて、味わいが十分です。このような宝石は簡単な服に合わせて、絶対的な視覚焦点になります。

流苏设计も今季の绝好の见どころで、特に无色のダイヤと水晶のチェーンを多く结び付けて、重苦しい冬のためにもっと多くの光と影の流れを加えてジャンプします。

FendiファンディF IS Fendiのイヤリングは、最新のFENDI F LOGOを形にした円形のイヤリングです。結び目がほどける。パラジウムメッキの装飾面は金色の装飾金属を混ぜて飾ります。赤い皮で被覆する

ホワイトTeeの上にはアルファベットのスローガンがあるだけでなく、ジュエリーやアクセサリーの中にも似たような文字が現れます。

https://www.tote711.com/copyn-2-b0.html

ブランドのロゴは字幕以外に動物や植物などがあります。Gucciはイケメンになってから、ファッションもジュエリーもレトロな要素が多くなりました。最初はもっと多いスーパーマンが街頭でそれらを天馬行空き地で演じたいです。獅面像も蜂模様も、復古的な金色のコーティング金属で、ブランドの核心信仰を訴えています。

もちろん、ファッションジュエリーのスタイルはMiss J+まで多様化しています。これは各ファッションがここで注目されている重要な原因の一つです。材質が多様で大胆で、今のスタイルの追求に合わせて、より大きな選択空間を提供しています。そのほか、ファッションジュエリーやアクセサリーは価格的には、定番ブランドのジュエリーに比べて5桁以上の価格設定がほとんどなく、受け入れやすいです。

アメリカの働くママたちはなぜ会社を捨て、起業するのか

企業のなかで生き辛さを感じる母親たち。世界最大の広告会社グループWPPの中核企業、ジェイ・ウォルター・トンプソンでブランド・コミュニケーション戦略をリードする大橋久美子さんがデータをもとに、自由になりたい女性のための働き方改革を解説する。

現在の働くお母さんは、職場と家庭両方から、今までにないプレッシャーがかかっています。会社においては「チームメンバーが一緒に時間を過ごすこととそのことによる同質性」を求められ在宅勤務はなかなか広がらず、家庭においては、母親が子供に向き合い教育する温かい育児を求められ、気軽に代行サービスも頼めない空気感。そんなダブルバインド状態のなかで、今までバリバリ前線で働いていた女性たちも“マミー・トラック(母親に敷かれた道)”と呼ばれる比較的時間をコントロールしやすい一般職的な業務に移行することが多いのが現状です。

MONCLER (モンクレール)|メンズ服のインポートブランド


仕事と家庭のダブルバインド状態は、日本の女性たちだけではありません。アメリカでは、日本とは異なりフレキシブルな就業形態が認められているケースが多いものの、結局オンオフの切り替えができずにいつも仕事に追われ、仕事によるストレスレベルはより高まっています。
雇用の安定のない競争社会の中で仕事のストレスは増しているのに、昔よりも育児に求められる内容が増加。大きな象徴は、母乳での育児率が半数から80%に増えるなど、母親の物理的負担が増しているのです。追い打ちをかけるように、ベビーシッターや託児所のコストも高騰。上のグラフもわかるように、アメリカの母親が自ら育児をする時間が増加しています。

子どもたちが未来を生き抜くためのスキルを身に着けてほしいという意識の増加も、母親達の教育関連への時間を増やす要因になっています。したがって、教育レベルの高い親の方が子供の教育へかける時間も年々長時間化しています。

こうしたダブルバインドの中で、アメリカでは出産後、大胆に仕事をやめてしまう女性たちが増えているのだとか。

アメリカは雇用が不安定な分、逆に言えばスキルさえあれば再雇用されることも可能であるという環境です。だからこそ、一時的に仕事をやめるという決断を下しやすいということもあるでしょう。

https://www.tote999.com/category.php?id=213

しかしさらに言えば、積極的に専業主婦という道を選んでいる女性たちもいるようです。高学歴女性たちが、主婦業にクリエイティビティを見出している、誰でもできる仕事をやるよりも、その方がやりがいがあるとして積極的に主婦業を選んでいるというのです。誰にでも取り替え可能な仕事ではない。家族や子供の笑顔のために料理や空間をクリエイトする仕事であるという意味付けをしています。いわゆる“ハウスワイフ2.0”と呼ばれる新しい主婦像です。